理解年表

やっぱり出来ちゃった東急東横線の急行に憤りしか覚えない

田中です。やっぱりただの嫉妬です


さて、先日「北海道映像セミナー」に行ってきた我々ですが、
図々しくもお願いして「和歌山県映像セミナー」にも行ってきちゃいました。

tate
今回は前回の如く飛行機の心配が無用なので、きっちり2泊3日です。

tate

飛行機で和歌山へ。
ちなみに、今回は以前から面識のある早稲田高校の映画部とも一緒です。

ゴックさんとか


tate

え?

tate

え?

tate

tate

え?


あえてスルー。

tate

tate

ホテルに着いたタクシーが何故か歩道を走る画のような
心霊写真が撮れました。焼きました

tate

名物・白子ご飯。

tate

夕食後、早稲田の面々と海へ。真っ暗。

tate

ここで大体「長森さん」という人を知ったと行っても過言では…


tate

翌朝。

tate

tate

懲りずに海へ。やはり朝も綺麗です。

ゴックさん(秋吉さん)が突然棒を持って海浜を走り、
「やっつけられなかった」と言って帰ってきましたがあえてスルー。

tate

演歌歌手・アリヨシノブト

tate

交通整理マン(本物)


正直セミナー始まる前に和歌山を大体満喫しておりますが、
やっぱりセミナーなので気分を入れ替え望みます。

tate

開始。

今回はドラマ(Nコン的に)ではなくドキュメンタリー(Nコン的に)。
複数の人物を班に分けてそれぞれ取材し、映像化するという物。

正直

Nコン覇者の人々はドキュメンタリーの技術さえあるものの
保守的だと思ってしまったことは内緒です。


ドキュメンタリーだからって面白くできるはずです
「面白い」と「お笑い」を一緒に考えちゃ駄目です


調子に乗ってごめんなさい
まぁそれは置いといて

tate

tate

前回と違い、各学校の人間をバラバラにして班を構成。
話し合い後、バスで移動し、ミカン畑へ。

ここで永年働く原さんという方にインタビュー形式で話を聞き、
同時にインサートカットも撮影という一日方式。

tate

こだわりのあるゴックさん。真剣です。

tate

別班の白濱・有吉も奮闘中。


最後に作品を公開し合い、無事終了。
北海道とは違った楽しみもありましたが、改めて思いました。

やっぱ映画のが楽しい。
向き不向きとか好みとか理屈とかどこがどうとかでなく直感で。


今回修得したものも活かして頑張ろうと思いました。一同。


tate

お前…………………



tate

無事帰京。


お世話になった大人の方々、セミナー参加者の方々、
そして早稲田のみなさん、お疲れ様でした。有り難う御座いました。



また行きたいねー
| ■その他 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。


+ BLOG INDEX
+ TETRA FILM STUDIO
+ SELECTED ENTRIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
当ブログはリンクフリーですが
ご一報いただけたら嬉しいです。

+ PROFILE
+ OTHERS
TOTAL []


fc

Copyright (C) 2007 TETRA FILM STUDIO,All Rights Reserved.
このページの先頭へ