マトリョーシカの放浪
#11のブログ担当、『冷水』と書いて『ひやみず』です。
今一番食べたいものはボルシチです。


・・あ、やっぱ砂肝です。





ちょっと間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1月31日に特報の撮影をしましたので、その様子をお送りしたいと思います。
ではさっそくいってみよー。





イケメン。
この後髪が大変なことになるなんて知る由もないイケメン。





今回はいつにも増して人数が多いです。





ちなみに、ここは控室。
暇なスタッフが入り浸ったりするとこry主に荷物置き場です。





イケメンの代名詞こと照井さん。





・・・悪気は無いんだと思います。





和気あいあいとした現場がテトラの魅力。
たとえホラー映画の撮影でも和やかなのがテトラの魅力。





暗い吉。





『こんにゃく王子』こと松本くんのチラリズム(視線的な意味で)。





廊下での撮影。
今回は廊下で撮るシーンが多かったような気がします。





・・コソコソ。
いえ、堂々と撮ってます。

ちなみに、廊下の向こうにいるのは頭ぼさぼさ冨野君です。





テトラメンバーともなれば空だって飛べます。





介護じゃありません撮影です。
(実際画期的な撮影方法だった。カメラ担当はウルトラ高杉さん。)





スクリプター小島さん。(右)

まだ記憶に新しいと思います、「桜ノ雨」のヒロインです。
今日はスタッフとして、テトラで大活躍してます。





ぐでんぐでんテトラ女子。(たぶん休憩中)





カメラ片手に集中している中村氏(臨時)。
メイキングは彼に任せておけば間違いないでしょう。たぶん。





髪が伸びた松下さん

・・の、

視線の先に、

今日も寝癖と黒い服装で色んな意味で完璧な監督(((





こっちは撮影する教室。
高木さん(美術)特製の血のりを使用します。





教卓や床が監督のアーティスティックな感性に基づいて血のりで彩られてさあ撮影。





この日は最後に、懐中電灯で照明のチェックをしました。

レフ板も使って、光の当たり具合・明るさを調節。



が、



最後の最後にハプニング発生。




2本あった懐中電灯のうち 1本が



 つ か な く な っ た 。 (爆笑)



そのまま帰るときまでつかず、仕方がないのでそのまま解散。
後日、不良品だったということで、新しいものと取り換えてもらえました。

良かった良かった。




※※※



出来上がった特報は、後にメンバーそれぞれで確認。

高杉流カメラワークや冨野流立ち姿(笑)が素晴らしい結果になっています。



お た の し み に ね ! (・ω・)ノシ
| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.tetra-film.com/trackback/939999


+ BLOG INDEX
+ TETRA FILM STUDIO
+ SELECTED ENTRIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
当ブログはリンクフリーですが
ご一報いただけたら嬉しいです。

+ PROFILE
+ OTHERS
TOTAL []


fc

Copyright (C) 2007 TETRA FILM STUDIO,All Rights Reserved.
このページの先頭へ